大橋悠依の身長や体重、足のサイズは?プロフィールや経歴まとめ!

大橋悠依の身長や体重、足のサイズは?プロフィールや経歴まとめ!

 

競泳女子日本代表の大橋悠依さんが、女子400m個人メドレー予選を1位通過し、決勝で金メダルを獲得しました!!!そしてかわいい!!と人気もあります♡

そんな大橋悠依選手の足のサイズが話題となっていますがなぜなんでしょうか?

また、すらっとしていてスタイルが良いですが、身長や体重もきになりますね。

そこで今回は、大橋悠依選手の身長や体重、足のサイズと合わせて、プロフィールや経歴もあわせてまとめてみました!!

大橋悠依のプロフィールは?

  • 生年月日:1995/10/18
  • 血液型:B型
  • 所属:イトマン東進
  • 高校:草津東高校
  • 学歴:東洋大学
  • 出身地:滋賀県彦根市
  • 競技:競泳

 

それではさっそく、大橋悠依選手のプロフィールをご紹介していきます!!

大橋悠依選手は1995年生まれ。2021年で26歳になります!!

身長がすらーっと高く、スタイルも抜群でお顔も可愛いと話題です♡

3姉妹の一番末っ子で、お姉さんも水泳をやっていたそうです!

 

大橋悠依の身長や体重は?

大橋悠依選手の身長は175㎝と、女性としてはかなり大きいです!!

水泳で泳ぐときにもこの身長は優位になるのではないでしょうか?

そして体重は55kg

175㎝の身長があることを考えると、平均的な体重なのかなと思います。

またアスリートなのでかなり筋肉もあるでしょうね!!!

 

大橋悠依の足のサイズが大きい?

大橋悠依選手の足のサイズが大きい!!と話題になっています。

テレビなどで他の選手と一緒にいるところを見ると確かに大きく見えます。

正確なサイズは特に明記してあるものはなかったのですが、26㎝位はあるのではないかと皆さん予想しているようですね。

身長も大きいですし、足のサイズが大きいのも自然ではないかな?と思います!!

 

そして水泳では足のサイズが大きいと有利になる!との話がありますが、キックしたりするパワーが出やすいんでしょうか?

それでも大橋悠依さんのような実力があるというのは相当努力をしてきたんでしょうね。

 

大橋悠依の経歴は?

大橋悠依さんが水泳を始めたのは、幼稚園の時。

お姉さんが元々水泳をやっていて、その影響で水泳をやり始めたんだそう。

彦根イトマンスイミングスクールというスクールに入ります。

 

そんな大橋悠依さんが初めて経験した大会は小学校3年生の時!

ジュニアオリンピックという大会に、50m背泳ぎで出場しました。

そして2010年(中学3年)ジュニアオリンピックの女子200mメドレーでは優勝します!!!

 

2014年には東洋大学にスポーツ推薦で入学。

大学1年生の冬からはひどい貧血に悩まされ、どんなに練習しても記録が伸びなかったんだそう。

大橋悠依選手曰く、「どん底だった」と。

ただ、貧血を改善するために、薬を服用したり、食事を改善したりした結果!

貧血を克服!!

 

2017年(大学3年生)の日本選手権では400m個人メドレーでなんと日本新記録を更新しました!!!

また、ブダペストでの世界水泳では200m個人メドレーで銀メダルを獲得するなど活躍していきます。

 

そして東京オリンピック2020では、

2021年7月25日の女子400m個人メドレーでなんと金メダル!!!

初めてのオリンピック出場で金メダルを獲得したということで、日本中が湧きました!!!

 

幼稚園のころからずっと続けてきた水泳。

貧血で悩みながらも練習を続け、オリンピックでメダルを獲得するなんて、本当に努力家ですし、その努力が実を結んで本当に嬉しかったでしょうね!!!

 

金メダル獲得、本当におめでとうございます♡

 

大橋悠依まとめ

 

今回は、大橋悠依選手の身長や体重、足のサイズと合わせて、プロフィールや経歴もあわせてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

大橋悠依選手は東京オリンピック2020で女子400m個人メドレー金メダルも獲得しましたし、今後の活躍が楽しみですね!!

応援しています!がんばってください♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。